無料
エロ
動画

てるき熊の遊び部屋

 
 

既刊三種、『ギュッと!』に登録してみました。

  1. 16:29:50
 ※既にヌシ山3の販売も開始されていたので、少し訂正しました。

 遅れ馳せながら同人ダウンロード販売サイト『ギュッと!』様に、これまで登録していなかった三作を登録致しまして、その一本『密室銭湯』『神の棲む山・第三巻』が本日、無事販売開始となりました。

密室銭湯(P.A.Project)

 「ねー、ここのスーパー銭湯の男湯って、流れるプールとかあって豪華らしいよ?」

 友人達のそんな言葉に乗せられて、半ば強引に男湯に潜入する事になってしまった少女。
 男の子の振りをしてなんとか男湯に入る事には成功したが……。

 一方、同施設内の『家族風呂』に入る男の一団。 その中にたった一人紛れこんだ少女がいた。
 男達はその欲望の塊を少女にぶつけ、少女もまたその欲望を悦んで受け入れていた。

 そして、彼らは男湯の少女を家族風呂に招き入れる。
 始まるのはいつ果てるとも知れない輪姦陵辱の宴。
 彼女に救いはあるのか……、それともこのまま堕ちてしまうのか……。


 状況の全く違う少女二人が出会い、男達に犯される。
 いつしか少女は苦痛の中に快楽の萌芽を……。

神の棲む山・第三巻(P.A.Project)
 少女の胎内に宿らせた『神(ヌシ)』、そして男達の精によって少女の胎を穢し、『神』を山へと還す『神落とし』の儀式―――。

 少女『朱紅』が輪姦される様子を覗き見せられた少年『征士』は、監禁場所である山小屋から彼女を連れ出してしまう。
 少女に対し「助けたい」と告げる征士。 しかし少女もまた村の為、気丈にこの儀式に向き合い、受け入れようとしていた。
 迫る追っ手。
 そして少女は決断する。


 閉ざされた山村で、そこから抜け出せない少女達に行われる淫虐の『儀式』と、それに巻き込まれていく一人の少年の物語。
 オリジナル長編『神の棲む山』シリーズ第3弾。

 どちらも内容はこれ以前に販売を開始していた他DL販売サイトのものと同一です。
 ただ、『ギュッと!』様は『デジぱれ』様同様、神の棲む山・第二巻の販売がOKなので、今後『DLsite.com』様等の基準で販売を断られてしまった作品や、内容の一部を削る事になる作品なども、そのままの形で販売出来る可能性が無きにしも在らずなので、今後もチェックして戴くのが宜しいかと思います。

 因みに、他に『ギュッと!』様に登録した残りの一本はヒメイヌです。
 こちらも既に販売開始しておりますので、宜しかったらご購入お願いします。

※『ギュッと!』様にて販売戴いている当サークルの作品リストは
 ↓追記をご覧下さいませ※

         ▼お気軽にクリック!or 宜しければコメントをお願いします!▼


        【---------------------web拍手を送る---------------------】

 

>>  [  既刊三種、『ギュッと!』に登録してみました。  ]  の続きを読む



ツイッターでもweb拍手でもコメント大歓迎です!
トラックバック (-)     コメント 0
 
 
 
 

ぷにケット新刊、ショップ販売開始しました。

  1. 00:25:08
 まずは、冬コミスペースの告知から。
 12月31日おおみそか(木曜)、東ウ-44a『P.A.Project』です。
 皆様是非いらして下さいね。



 先日のぷにケット、スペースにいらして下さった皆様、本当に有り難う御座いました。
 当日頒布致しました新刊『メモリアル“N”』、同人ショップでの委託販売が始まりました。メイキング表紙
 クリックすると大きな画像が見れます。


 最近、ブログとしての更新が滞り気味のヌシ山メイキング編。 その漫画版だけで一冊作ってしまいました。
 どうしてもブログだけでは表現できない、或いはブログのエントリで終わらせるのが勿体無かったネタなどを漫画化。
 薄い本になる筈が、ヌシ山本編と余り変わらない厚さになってしまいました……。

 内容は大別して二本。
 ●『検査入院』で共演した希実のぞみ英理えりがヌシ山のロケ地になってる村で再会する話。
 ●ヌシ山六巻と七巻の間に位置するメイキングで、大人の男性との絡みを怖がる典子のりこを何とかする為、日向子ひなこが協力する話。

 この中に新キャラ(新しい出演者)登場エピソードや、「あのキャラ」の話など、小ネタを盛り込んで楽しい内容になったと思います。
あの二人
 (あのキャラ)

 詳しい紹介はこちらもご参照下さい。

 ショップ委託は
 とらのあな
 メロンブックス
にて行って戴いております。
 この機会に既刊ともどもご購入戴ければ幸いに思います。



▼お気軽にクリック!or 宜しければコメントをお願いします!▼


【---------------------web拍手を送る---------------------】

 



ツイッターでもweb拍手でもコメント大歓迎です!
トラックバック (-)     コメント 0
 
 
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved

close