無料
エロ
動画

てるき熊の遊び部屋

 
 

【臨時オーディション】【6】

  1. 04:13:02
こんにちは! 「神の棲む山」スタッフです。

臨時オーディションの続報です。
1回目 2回目 3回目 4回目 5回目

【前回はこちら】
既に彩花ちゃんの合格が決定し、、美保ちゃんがほぼ合格決定。
残るオーディション参加者は裕理ちゃんのみとなりました。

と思っていた矢先、柊さん達の毒牙にかかっているところでした(笑)

………………
…………

彩花ちゃん、美保ちゃんの犯されてる様子を、じっと見ている裕理ちゃん、
表情は驚きに満ちながら、顔を真っ赤にしながら真剣そのものです。

「うわ、あんなの入っちゃうの?」 「女の人がしちゃうの?」
「お尻の穴でしちゃうの?」 「おちんちんを舐めちゃうの?」
「あれが男の人のせーし?」 ……何やらとても興味がありそうですね。

その様子を見ていた希実ちゃん、何かに気が付いたようですよ?
極上の笑顔を作って裕理ちゃんに話しかけます。

希実「裕理ちゃん見てて感じちゃった? もう身体が反応してるわよ♪」
それを聞いた日向子ちゃんと柊さんも、様子を伺いに近づきます。 

確かに裕理ちゃんは女の子座りをしながら、やたらとモジモジと震えていた
感じがしましたが…

裕理「い、いえ、私、違います! ただちょっとボーっとしちゃって…」
希実「じゃ、ちょっと立って貰える?」

裕理ちゃんあきらかに動揺しています(笑)
困った表情をしながら立てません。

その様子を楽しそうに見ている日向子ちゃんと希実ちゃん、
二人の何か企んだような表情がちょっと怖いです。

………………
…………

希実ちゃんは柊さんと男優さんに声を掛け、軽く打ち合わせをしたようです。
そして裕理ちゃんの目の前で、3人の女の子が洋服を脱ぎだしました。

裕理ちゃんは脱衣の様子をじっくり見入ってますね。
それと同時に、ベッドの上で犯されている美保ちゃんにも興味があるようで、
視線はチラチラと移動しています。

裸になった柊さんが近づき、座っているトコに強引に片足を差し込みます。
そのまま足を往復させてこちらに見せると… 何やら濡れちゃってます。

どうやら彩花ちゃん、美保ちゃんのえっちを見て感じちゃったようですね。

見る見るうちに顔を真っ赤にする裕理ちゃん。
柊さんが「かわいい♪」なんて言って唇を重ねてしまいます。
しっかり舌を割り込ませられ、手足をじたばたさせてます。

数分後、あっさり「堕ちた」裕理ちゃん、
今度は日向子ちゃんが下半身に抱きついたと思うと、
足を大きく開かせて女の子の部分を我々に見せてくれます。

日向子ちゃんはニコっとこちらに微笑むとピースサイン、
その指の形を維持し、一本のラインを広げてよく見えるようにしてくれます。
未成熟な花弁ではありますが、かなり蜜が垂れてます。

次に包皮に隠された陰核が指で剥かれますが、流石に痛かったのか
「ビクッ!」とかなり大きく反応しちゃってます。

日向子「裕理お姉ちゃん痛かった? ごめんなさい」
と素直に謝りますが… そういう割りには、その直後から
陰核を舐めたり、吸い付いたり、舌先で突付いたりと容赦なく責めてます。

刺激が強すぎるのかな? 裕理ちゃんも言葉にならない声を上げ、
背も反らしながらに反応を見せてくれています。

日向子「わー、裕理お姉ちゃん指が入っちゃうよ」
裕理ちゃんの反応を見てみようと、日向子ちゃんが指で触ったところ、
ものすごく濡れているようで、どうやら指が入る程だそうです。

最初は一本だった指が二本に増えて、さらに責めていきます。
なんだかとっても楽しそう。 でも裕理ちゃんは…

裕理「あ、あああ、ああ、いい、いたっ、痛い!」
柊「日向子ちゃん、ストップストップ!」

裕理ちゃんの反応を見る日向子ちゃん、調子に乗ってしまったようです。
あやうく処女喪失しちゃうところでした。

希実ちゃんが日向子ちゃんを叱りつけ、その場の雰囲気がかなり
気まずくなりました。

が、裕理ちゃんが恥ずかしそうに「あの…、もっと舐めて下さい…」と
懇願してきました。

希実「日向子ちゃん、交代交代。 あなたは柊さんと、ね?」

希実ちゃんが裕理ちゃんをやさしくキス、緊張をほぐしてあげています。

先程まで興味津々にしてた子が、今では自らが体験しようと身体を任せ、
うっとりとした表情で愛撫を受け入れています。

日向子ちゃんと柊さんが、みかるさんよりローションを貰ってきました。
さっそく裕理ちゃんに注入します。 これで準備は整いました。 

先程のきまずい雰囲気はすっかり和らぎ、裕理ちゃんの喘ぎ声が
体育館に響きます。



さてさて、オーディションはまだまだ続きます。


▼お気軽にクリック!or 宜しければコメントをお願いします!▼


【---------------------web拍手を送る---------------------】





みかる「あれ? さっき柊に渡した媚薬ローション… 
    一本間違えて渡しちゃったかな?」
   「みかる特製 『小●製薬 ぬるぬ〜るゴールド』だったんだけど…
    ま、いっか」

えーと、その薬、使っても大丈夫なんですか? かなり怖そうなんですけど。

みかる「………………」

………………



ツイッターでもweb拍手でもコメント大歓迎です!
トラックバック (-)     コメント 0
 
 
 
   
 
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
 
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
【臨時オーディション】【5】
【臨時オーディション】【5】
ホームへ
ホーム
【臨時オーディション】【7】
【臨時オーディション】【7】

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved

close